レンタルサロン(シェアサロン)で開業!開業届などの必要事項や失敗を防ぐには?

レンタルサロンを用いた開業は、膨大な初期費用をかけることなく最小限の開業資金で無理なく独立できるため注目が高まっています。

実際に、自分の店舗を持たずにレンタルサロンを利用して開業するエステティシャンの方が近年非常に増えてきていることも事実です。本記事では、レンタルサロンを利用した開業方法や失敗を防ぐコツを詳しく解説していきます。

レンタルサロンとシェアサロンとは?

レンタルサロン/シェアサロンとは、施術専用の場所として主に時間貸しで借りることができるサロンのことです。

一般的にはエステサロンやマッサージ、整体、ネイルサロンやセラピーなどの用途で使われることが多く、近年は美容室やマツエク専門のレンタルサロンも増えてきています。

レンタルサロンを活用するメリットは、開業時に必要な内装費用や備品代をかけずにアクセスの良く通いやすいオシャレなサロンを使える点です。

レンタルサロンとシェアサロンの違い 

レンタルサロンとシェアサロンはほぼ同義語として使われるケースが多いのですが、厳密に使い分けるならシェアサロンは面貸しサロンとしての意味が強いでしょう。

面貸しとは、すでに営業しているサロンの1室を借りて営業するスタイルのことです。一方で、レンタルサロンはマンションやホテルなどの1室をまるごと借りて営業するスタイルのサロンが多く見受けられます。

レンタルサロンやシェアサロンの形態と活用方法

レンタルサロンやシェアサロンの利用を検討する方へ向けて、実際はそれぞれどのように利用されているのか、活用方法とその実態を解説していきます。また、レンタルサロンを経営したい方へ向けては空きスペースの活用方法のコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

借りる場合

レンタルサロンを借りる場合は、まず利用したい地域から探すとよいでしょう。時間貸しのところがほとんどですが、曜日や時間帯を決めて月額契約できるケースもあります。レンタルサロンのスタイルも1室まるごと借りるタイプだったり、パーテーションで区切られた空間を間借りするタイプだったりと内装はさまざまです。

アクセスや時間帯、サロンの雰囲気などさまざまなレンタルサロンがありますのでまずは自分に合ったサロンを探してみることが重要です。

貸す場合

単身用マンションの1室をレンタルサロンとして貸し出す方が増えてきています。不動産投資していた空き部屋をレンタルサロンとして管理し、家賃収入を得る方法として効果的でしょう。

レンタルサロンの利用者は主にエステティシャン・整体師・セラピスト・ネイリストで、さほど広いスペースを必要としないため、駅前のワンルームマンションがおすすめです。

ただし、住居仕様の物件の中には店舗利用が不可の物件もあるため注意しましょう。

サロンスペースとして貸し出すため、内装費用もかかってきます。はじめから内装にこだわって作られている賃貸なども合わせて検討してみてください。

契約済みの自分のサロンでレンタルサロンを開業する場合

自分のサロンをすでにお持ちの方で、定休日やサロンの空き部屋を有効活用したい方も多いのではないでしょうか。レンタルサロンなら、空いている時間を有効に使って売上アップにつなげることができます。

minoribaは、空きスペースの運用にお困りのオーナー様と空きスペースを利用したいエステティシャンの方などをマッチングさせるシェアサロンサービスです。

固定費は無料で継続的にサポートしているため、レンタルサロンの運営を検討している方は、ぜひ1度minoribaにご相談ください。。minoribaでは、サロンの空きスペースを随時募集しています。

レンタルサロンやシェアサロンの料金相場は?

レンタルサロンやシェアサロンを利用する前に、料金相場をチェックしておきましょう。借りる場合と貸す場合でそれぞれご紹介します。

借りる場合

レンタルサロンの利用料金相場は1時間1,000円~2,500円前後です。料金に開きがありますが、これはレンタルサロンはエリアや物件のグレード、広さやサービスの充実度によって異なるためです。

最低利用時間を90分から設定しているサロンが多いため、最低でも1,500円前後かかるでしょう。

着替えやカウンセリングなど施術以外の時間も必要となるため、余裕を持って実際の施術時間よりも+30分ほど多くレンタルする方がほとんどです。

貸す場合

シェアサロンサービスminoribaでレンタルサロンとして貸し出す場合は、固定費は無料で売上の30%をサービス利用料としていただいております。そのため、売上の70%が収入となり、赤字になる心配はありません。

詳しくは、想定の売上シュミレーションも実施可能ですので、空きスペースをお持ちの方はぜひお気軽にお問合せください。

法人の方だけでなく個人の方もお申し込みいただけます。

minoribaなら、レンタルサロンのノウハウを活かして空きスペースを有効活用できますよ。

エステサロンやリラクゼーション開業の必要事項と成功のコツ

比較的独立しやすいといわれているエステサロンやリラクゼーションサロンですが、開業には不安もつきものですよね。

この項目ではエステサロンやリラクゼーションの開業で必要なことと成功へ導くためのコツをまとめました。これから開業したいエステティシャンやセラピストの方はぜひ参考にご覧ください。

開業する場所を決める

まずは、自分がサロンを開業したいエリアを絞っていきましょう。実際に出店したいエリアの街並みを歩いてみるのがおすすめです。出店したいエリアが絞れてきたら、どのような業態のサロンで出店するか検討していきましょう。

自宅でサロンを開業する

自宅に空き部屋がある場合、自宅サロン経営をしてみたいと考える方も多いことでしょう。自宅サロンのメリットは開業費用が抑えられることと、通勤時間が無いこと、家賃がかからないことです。

一方でデメリットとしてはプライベート感が強く集客が難しいことと、自宅の住所が知られてしまう点が挙げられます。

自宅サロンを経営している方の中には、内装工事を加えサロンスペースを完全に分けていたり、紹介のみで予約を取っていたりする方も多く見受けられます。

レンタルサロンやシェアサロンを活用する

レンタルサロンやシェアサロンを利用する際の大きなメリットは、やはり開業資金や固定費用の節約ができる点です。

施術を行うには施術ベッドなど物件以外にもさまざまな備品が必要ですが、レンタルサロンには多くの必要な備品が揃った状態でスタートできます。

また、出店エリアの調査やテストマーケティングにも利用できるのもポイントです。さらに、レンタルサロンやシェアサロンでは同じように独立を目指す同業者も多く出入りします。開業の相談をできる仲間が増えるかもしれません。

シェアサロンをお探しの方は好きな時だけ好きな空間を15分単位で借りられるminoribaの利用がお勧めです!

自分の店舗を探す

自分の店舗を持ちたいと考える方は多いですがかかる開業資金は膨大なものです。サロンの店舗を構えるための資金相場はおよそ300~500万円といわれています。

マンションの店舗物件を借りて費用を抑えたとしても、相場は120~150万円といわれており、ここに運転資金も必要となるため、資金面で独立をあきらめてしまう方も多いでしょう。

資金面に不安のある方は、レンタルサロンやシェアサロンで独立準備を進めながら開業資金を貯める方が多いようです。

備品を準備する

施術ベッドや椅子などは用意されていることが多いですが、その他の細かい備品は自分で準備しましょう。エステ目的であったらセブンビューティーで安く備品を揃えることが可能です。他にもタオルなどはニトリなどで揃えると、費用を抑えられます。

リスク対策をする

リラクゼーションや美容は、お客様の肌に直接触れる業種なので、万が一怪我を追わせてしまう可能性がゼロではありません。他にもレンタルサロンの備品を破損させてしまったなどのトラブル防止のために、保険に加入しておくのがおすすめです。

開業届を提出する

サロンを開業するには「開業届出書」を提出する必要があります。

これはサロン開業に限らず個人事業主となる方が事業を始める際に提出しなければいけない書類です。サロンで売上が発生してから1ヵ月以内に税務署へ提出してください。

集客をする(PR)

いざ開業をしても、お客さまが来ないことには売上が作れません。とにかく開業したてのうちは集客に全力を注ぎ、1人でも多くのお客さまに来店してもらえるよう分析し、工夫を凝らしましょう。

コストをかけないで集客をするなら、SNSを利用してお店のアピールをするのがおすすめです。

Instagramでの集客なら、SNSの集客を実現してくれる【BUZZL】がお勧めです。

エステサロンやリラクゼーション開業で失敗を防ぐ為の注意点

エステサロンやリラクゼーション開業で成功する方の数は、決して多くないのが現状です。せっかく開業できたサロンを失敗へ追い込まないよう、注意するべき点をしっかりと把握しておきましょう。

強い香りのアロマやお香に注意する

レンタルサロンの中には、アロマやお香を持ち込めるサロンがあります。

しかし、アロマエステで使われるアロマやお香で特に香りが強いものは、お客様の好みと合わないケースがあるため、注意しましょう。

強い香りのアロマやお香は次のお客様や別の部屋に漏れるため、利用がNGとなっているレンタルサロンもあります。

香りが強いものをレンタルサロンで使う場合は、利用が可能かどうか予め確認しておきましょう。

お客様のプライバシーを守る

サロン運営に限らず、お客さまの名前や性別などのプライバシーな情報は厳密に管理しなければいけません。

個人情報保護法を遵守し、使う目的を説明・漏洩しない・目的以外の用途で使用しないことを常に理解しておきましょう。

資格や許可が必要な施術に注意する

エステサロンでは医療行為は行えません。また、資格が必要な施術を行わないように注意する必要があります。

例えば医療レーザー脱毛やケミカルピーリング、腸内洗浄などはエステサロンでは行えません。

レンタルサロンやシェアサロンを借りて開業する際の注意点

開業資金や初期費用が抑えられるうえ、キレイな内装のサロンを利用できるレンタルサロンはメリットだらけに思えますが、注意が必要な点もあります。注意するべき点をしっかり把握した上で利用しましょう。

規約違反は違約金の対象になることも

レンタルサロンにより規約やルールが決まっています。その規約に違反すると違約金の対象になることもあるので、事前に規約やルールをチェックしておきましょう。

設備やアクセスは事前に確認しておく

レンタルサロンを借りる前に設備やアクセスを確認しておきましょう。実際の内装や駅からのアクセス方法を知っておくためにも、一度見学するのがベストです。自分の目でチェックしてから契約することで、設備内容やアクセスのミスマッチが減ります。

レンタルサロンやシェアサロンを借りて開業するメリット

レンタルサロンやシェアサロンを借りて開業するメリットをご紹介します。レンタルサロンやシェアサロンの利用を検討している方は参考にしてください。

初期費用、固定費を抑えられる

レンタルサロンやシェアサロンを利用する最大のメリットが、初期費用や固定費を抑えられることです。手持ちの開業資金に自信がない方でも、低コストかつ低リスクで気軽にチャレンジできます。

初期費用や固定費を抑えることで、集客や施術用の備品など他のことへ資金を使う余裕ができるでしょう。結果的に施術パフォーマンスが上がり、さらなる顧客の獲得に繋がります。

テストマーケティングにも活用できる

テストマーケティングとして複数エリアで利用することも検証しましょう。全国どこでも場所を選びません。エリアによって客層や人の流れは異なるため、複数エリアで運営することで新規のお客様を獲得しやすくなります。

店舗を持ってしまうと移転のハードルは上がるため、自分の事業にあったエリア探しを見極めやすくなるのも大きなメリットです。

独立開業の仲間ができる

レンタルサロンを使用していると、同業者と出会う機会が増えます。独立や開業初期は相談相手も少なく、孤独になりがちです。悩みや不安を相談できる経営者仲間を作り、情報交換できる仲間を見つけましょう。

レンタルサロンやシェアサロンを借りて開業するデメリット

レンタルサロンやシェアサロンを借りて開業すれば、費用の削減などが期待できますがデメリットも存在します。利用の前にデメリットもきちんと把握しておきましょう。

一部の備品を自分で用意する必要がある

レンタルサロンではベッドや椅子が事前に準備されていると紹介しましたが、施術に使用するスキンケア用品などの備品は自分で用意しなければなりません。

キャンセル料がかかる

多くのレンタルサロンでは、予約の数日前からキャンセル料が発生します。数日前で50%、当日でレンタル料金の全額を支払うのが一般的です。店舗を持っていれば機会損失だけで済みますが、レンタルサロンの場合には実害が発生します。

全てのお客様に予約通り来店していただけるのが理想ですが、現実はそう上手くはいきません。事前にキャンセル料が発生することをお伝えするなど対策を取りましょう。

必ずしも部屋の予約ができるとは限らない

レンタルサロンは他の利用者もいるため、希望の日時に必ず予約が取れるとは限りません。日時に余裕があれば予約が取れる可能性は高まりますが、直前になればなるほど難しくなります。お客様に1ヶ月前までに予約の日時を決めて頂く等、予約の取り方を工夫しましょう。

まとめ レンタルサロンやシェアサロンを使った開業は借りるのも貸すのもおすすめ!

レンタルサロンやシェアサロンでの開業は、開業資金が抑えられるためハードルが低く、比較的気軽にチャレンジできます。開業当初の初期費用が抑えられるため、集客や施術内容の充実させるための費用が多く確保できるのも魅力的ですよね。

レンタルサロンやシェアサロンは、サロンの空きスペースを有効に使える手段としても、独立したばかりのフリーランスの施術者のチャレンジの場としても双方に利益性の高いビジネスとして注目されています。

レンタルサロンやシェアサロンを賢く活用して、自分のスタイルに合った事業運営を目指しましょう。

シェアサロンをご検討の方はminoribaの公式LINEに登録するとすぐに店舗の空き情報をチェックできますよ。

【あわせて読みたい記事】
レンタルサロン(シェアサロン)で開業!開業届などの必要事項や失敗を防ぐには?
セラピストやめとけ”の声の背後にあるリアルな事情
20代で美容鍼灸サロン開院。工藤院長のminoriba活用法