訪問マッサージ開業ガイド:資格や手続き、成功のためのポイント

この記事では、訪問マッサージの開業から成功への道筋を具体的に解説します。資格取得から必要な届出手続き、そして成功へと繋がるポイントまで、全てを網羅しています。

訪問マッサージ開業の流れ

訪問マッサージの開業には、まず「あん摩マッサージ指圧師」あるいは「鍼灸師」の資格が必要です。そして、資格を取得した後は、開業届を提出することが求められます。この開業届は開業後1ヶ月以内に最寄りの税務署に提出する必要があります。

訪問マッサージとは

訪問マッサージは、施設を持つことなく、お客様のもとを訪問してマッサージを行う業界です。

この業界では、あん摩マッサージ指圧師の資格、または鍼灸師の資格を持つことが要求されます。また、訪問マッサージは継続訪問してケアするケースが多いため、安定した収入に結びつきやすいとされています​。

訪問マッサージの需要と市場

訪問マッサージの需要は高まりつつあります。これは、日本が急速に高齢化社会へと進んでいることから予想されます。

自宅にいながら体の不調に対処できる訪問マッサージの需要は、今後ますます高まると予想されています。

訪問マッサージ開業に必要な資格

訪問マッサージのビジネスを開業する際には、一定の資格を持っていることが必要です。

資格は、自分の専門知識と技術を証明するものであり、お客様に対して信頼性を示すものでもあります。

訪問マッサージを開業するにあたって特に重要な資格は、「あん摩マッサージ指圧師」および「鍼灸師」の2つです。これらの資格を持つことで、より広範な治療法を提供することが可能となります。

あん摩マッサージ指圧師資格

あん摩マッサージ指圧師は、日本の国家資格であり、人々の身体と心の健康を支える重要な役割を果たします。

この資格を取得することで、患者の身体の状態を正確に評価し、適切なマッサージや指圧治療を提供する能力が認められます。

また、訪問マッサージサービスを開業する上で、あん摩マッサージ指圧師の資格は業界における信頼と尊敬を勝ち取るための重要なステップとなります。

鍼灸師の資格

鍼灸師の資格は、鍼や灸といった東洋医学の治療法を正確かつ安全に提供する能力を証明するものです。

はり師ときゅう師の国家資格があり、これらの資格を取得することで、訪問マッサージサービスの提供範囲を広げ、より多くのお客様のニーズに対応することが可能になります。

また、資格を持つことは、専門的な知識と技術を持つことの証であり、お客様からの信頼を得るための大きな助けとなります。

関連記事:鍼灸師として開業したい!出張専門の鍼灸師開業ならシェアサロンがおすすめ

訪問マッサージ開業に必要な手続き

訪問マッサージの開業を考える際には、一定の手続きを経る必要があります。これらの手続きは、自分のビジネスを正式に運営するためのもので、法的な要件を満たすことを確認するためのものでもあります。

出張届を保健所に提出

訪問マッサージを開業する際には、保健所への「出張専業業務開始届」(略して出張届)の提出が必要です。

出張届は書類1枚で開業が完了することが可能で、出張届を保健所で取得し、その場で記入して提出すればその日のうちに開業できます。

開業届を税務署に提出

開業届は自分がビジネスを始めることを公式に通知する手続きで、税務署への届出になります。開業届を提出することで、ビジネスが法的に認知され、税務上の義務を果たすための第一歩となります。

訪問マッサージ成功の秘訣

訪問マッサージビジネスの成功には、いくつかの要素が重要となります。「顧客ニーズの把握」や「高齢社会でのニーズ」への対応などは、特に重要な要素となるでしょう。

顧客ニーズの把握(PR)

訪問マッサージビジネスを成功させるためには、顧客のニーズを正確に理解し、それに応じたサービスを提供することが重要です。

顧客の身体的な状態や希望するマッサージの種類、訪問の頻度や時間など、さまざまな要素を把握することを含みます。

さらにマーケティングについて学びたい方は、オンラインでマーケティングについて学ぶことができるMedia Laboのサービスがお勧めです。

Media Labo|ライティングスキルとマーケティングスキルを用いた実践型オンラインスクールの問い合わせ

高齢社会でのニーズ

我が国は急速に高齢社会へと進んでおり、この状況は訪問マッサージビジネスにとって大きなチャンスをもたらしています。

高齢者の間での訪問マッサージの需要は高まっており、適切なケアとサポートを提供することで、彼らの生活の質を改善することが可能です。

したがって、高齢者のニーズを理解し、それに対応したサービスを提供することが、訪問マッサージビジネスの成功にとって重要となります。高齢者のニーズに対応するためには、その身体的な状態やライフスタイルを理解するだけでなく、対人スキルやコミュニケーション能力も重要となります。

まとめ:訪問マッサージの開業は資格と届出があれば出来る!

この記事では、訪問マッサージ開業の流れから必要な資格、開業手続き、そして成功への秘訣までを網羅的に解説しました。

訪問マッサージは、必要な資格と適切な届出を行えば開業することができます。

これからの需要も増えると予想され、安定した収入も期待できる仕事なので、気になる方はぜひ、資格取得から目指してみてくださいね。

訪問開業の他にシェアサロンを利用する方法もあります。

シェアサロンサービスminoribaではお好みの空間を15分単位で借りることができますので、初期費用も抑えられますよ。